ARIGATO まるしぇ

ご挨拶と御礼

挨拶全文はこちら

出展企業・団体

出店者(50音順)

絆 – ろう者のための建築 –

ありがとうの種創立10周年おめでとうございます。

絆 – ろう者のための建築 – は、8年前のSWM本郷店の改修工事で手話というものに初めて出会ったのをきっかけに生まれた事業です。

ろう者の抱える悩みをろう者と聴者で協力しあって解決しようと日々活動しております。その1つにフラッシュライトがあります。日本製の商品は高額かつ使いずらいというご意見を頂き、アメリカろう者の開発したフラッシュライトを導入しました。

19日のイベントでは、実際にこのフラッシュライトを体験できるコーナーを用意しています。またその場で、自宅でフラッシュライトを体験できる、2週間無料体験サンプルを申し込みしてくださった方には抽選でフラッシュライトとドアベルをプレゼントいたします。是非体験サンプルを申し込んでください。

また他にも、建築相談コーナーも用意していますので、家について困ったことがある方やリフォームなどを検討している方はぜひ一度ご相談ください。

19日に皆様にお会いできるのを楽しみにしています。

当日販売予定の商品

①フラッシュライト
7種類のLEDカラーが点滅します。電源は、乾電池またはUSBポートなので持ち運びも可能です。配線なし(無線)で簡単に接続できるので、各部屋にフラッシュライトを設置することができます。

②ドアベル
ドアベルだけでなく、呼び出しベルとして様々な場所に設置できます。Sign with Meのカウンターにも設置されています。

③送信機
固定電話や既存のインターフォンに繋げることができ、着信時や訪問者がインターフォンを押すとフラッシュライトが点滅します。

④振動アラーム
ベルトやポケットに携帯できます。フラッシュライトが見えない場所でも振動でお知らせします。

⑤ドア/窓センサー
ドアや窓に取り付けることで侵入者や人の出入りを感知し、フラッシュライトを点滅させます。また郵便受けに取り付けることで、手紙や荷物の配達時に感知し、お知らせすることもできます。Sign with Meの自動ドアにも設置されています。

⑥屋外センサー
ソーラーパネルがついたこのセンサーは、庭や車庫に設置することで、侵入者や人の出入りを感知しお知らせします。

コーヒーハウスCODA

尾中 幸恵

1964年生まれ 兵庫県出身
2歳 原因不明で両耳とも不自由になる
4歳〜18歳 ろう教育を受ける
19歳 日本調理製菓専門学校で調理師免許を取得
19歳〜23歳 銀行勤務
23歳 、滋賀県大津市に嫁ぐ(子供3人育児)
28歳 手話講師として手話普及活動を始める
36歳 カラーコーディネーター、カラーセラピスト、カラーアナリスト、色彩講師、ハーブコーディネーター、賞状書士の資格取得
39歳 「COLOR サロン尾中」をオープン
44歳 「コーヒーハウスCODA」をオープン
50歳 「色のおはなし」という絵本を出版
51歳 色育アドバイザーの資格を取得
50歳〜54歳 日本ソムリエ協会会員、ワインソムリエインストラクター、ワインコンシェルジュ、チーズソムリエの資格を取得

当日販売予定の商品

NHK ヒューマン 尾中幸恵
https://youtu.be/jI2diHkLyGI

〒520-0056 滋賀県大津市末広町7-1大津パークビルB1
fax/tel 077-521-7760
Mail sachie.onaka2014@gmail.com

サイレントファーム

須藤 はるか

大学時代の時に入っていた団体で、中間山地域で使われなくなった畑を借りて村おこしをしたとき、村の師匠から農業を教えてもらったのがきっかけ。採れたての野菜に感動、生態系の面白さに気がつき、生き物たくさんの畑にかかわる生活や仕事をしたいと思いました。

2018年、船橋市にある山田農場で研修後、2019年6月に印西市で独立。農薬・除草剤・化学肥料を使わず、農業を始めました!現在は、旬の採れたて野菜セット宅配を中心に販売中。

「美味しい」「こういうのを作ったよ!」というお客様からのメールがとても嬉しいです。また、これからタネから収穫までの体験を子供から大人まで楽しめるような企画も考え中です!

当日販売予定の商品

  • 大根
  • にんじん
  • サラダセット(赤水菜、カラシナ、ルッコラなど)
  • その他、葉物(小松菜、水菜)
  • ヘチマたわし

など。
※天候によって販売する野菜が少々変わります。

千葉県印西市武西

ダイナモデザイン

岩田 直樹

1995年和歌山県生まれ。生まれつき両耳が聞こえない。

筑波技術大学でデザインを学び、卒業後は茨城県にある広告会社でデザイナーとして働きながら、副業でもフリーランスのグラフィックデザイナーとして活動中。

耳が聞こえない当事者として、きこえない人ときこえる人のコミュニティなどの問題を解決したいと奮闘中。2021年度デジタルの日ロゴデザイナー。

Handmadeぶどうの木 & 薩摩わっふる & ON THE PALM

福島 健三

「手話」で楽しく働く、「働く力」を身に付ける、一緒に頑張る「仲間」を見つける、の3つのモットーで2013年(平成25年)4月より、ろう者・ろう重複者の働く場を提供する就労継続支援B型事業所としてスタート。ろう者スタッフ、そして手話ができる聴者スタッフのもと、楽しい日々を送りながら頑張っています。

Handmadeぶどうの木では手芸・エコクラフト等を製作し、それぞれ個性があり素敵なデザインばかりです。「薩摩わっふる」はベルギースタイルのワッフル専門店。「温かくても美味しい、冷めても美味しい」ワッフルは、すべてが手作り。老若男女、年齢問わずたくさんの方々に親しまれています。2021年夏には、新しくネットショップ「ON THE PALM」をオープンし、オリジナルTシャツなどを販売。手話でイキイキと働ける場所であり、買ってくださるお客様に元気をもらいながら頑張っています。

当日販売予定の商品

住所 鹿児島県鹿児島市草牟田町6-1松尾ビル1F
https:// www.deaf-net.org

ムカイ林檎店

伊藤 ホサナ

小さい時からお菓子作りが大好きで、飲食店での経験など経てイベントで出店をしてきました。2021年より世田谷のムカイ林檎店で勤務。ジャム製造をはじめ、ろう者のお客さんが来たときは、接客もしています。

一人でも多く、りんごのおいしさと面白さを伝えたいです。旬のりんごを使ったお菓子も日々研究中。

また、サインウイズミーは開店当初より数年勤務していたので今回、りんごという形で出店できることをとても嬉しく思います。10周年記念おめでとうございます!

当日販売予定の商品

「米粉まんまるクッキー」
サクサクでしっとり、米粉で焼いた丸いクッキー。
コーヒーや紅茶のおともにオススメです。

「りんごの米粉シフォンケーキ」
米粉で焼いたシフォンケーキは、もっちりしっとり。子どもたちに大人気です。
りんごは、皮と一緒に煮込むことで、赤みかかった色に染まります。
メープルシロップで甘さをつけて、優しい味わいです。

「りんごのマフィン」
生地にりんごをたっぷり入れて、マフィンの表部にシナモンのクランブルでサクサク。
バターと卵不使用なので胃が重くならず、朝食にもぴったりです。

「焼きショコラとりんごキャラメルサンド」
ショコラとりんごが出会った焼き菓子です。
ビターなショコラで焼いた生地にキャラメルクリームとりんごをサンドしました。

「りんごのジャム」
旬の美味しい品種を選び、果肉はあえて潰さず、程よく食べ応えのある食感にしました。
栄養のつまった皮も捨てずに煮込み、抽出したエキスを加えています。
低めの糖度(40~45度)の砂糖とレモン果汁だけで味をととのえた、素朴な味わいながらもりんご本来の美味しさを贅沢に味わえる、飽きのこないジャムです。

「りんごチップス」
青森県産の新鮮なりんごを油や砂糖を使わず、
低温で焼き上げた手作りのチップスです。
ポリフェノールやペクチンなどの栄養が詰まった皮ごと使用。
濃縮されたりんごの香りと甘味をお楽しみください。
*オススメの召し上がり方
冷蔵庫や冷凍庫で冷やしていただくと食感が良く美味しく食べていただけます。

「りんご100%ジュース」
りんご100%のストレートジュース「りんご道」は青森県産のサンふじをベースにりんご10個前後をまるごと絞り、砂糖も香料も使用せず、本来の香りと風味を生かして作られた無添加のりんごジュースです。
赤ちゃんでも安心してお召し上がりいただけます。
濃縮還元とは違うストレート製法ならではのりんごそのままの味をお楽しみください。

※メニューは予告なく変更になる場合があります。

M’s mama(パン工房)

富山 みか

横浜市大倉山にて2021年4月に「からだにやさしい手作りパン工房 M’s mama」オープンしました。小さな小さなお店です。

2019年12月までは会社員として、電気メーカーで研究、開発、設計の仕事に従事していました。

2020年にパン工房をオープン予定がコロナ禍によって延期を余儀なくされ、1年後にオープンとなりました。

進行性の感音性難聴で、歳を追うごとに周りとのコミュニケーションに違和感を感じていました。会社生活で会議などでの聞き取りが難しくなり、行き違いや間違いも増え、ストレスが多くなっていくうちに、違う生き方を考え始めました。仕事環境の変化、娘たちの独立などがきっかけとなり、起業することを決めました。

とはいえ今までサラリーマンだったので、商売のことが何もわからずあたふたするばかりでした。パンを作ることは仕事の半分で、残りの半分は色々な準備と経営に関する仕事。オープンして半年になりますが、まだまだ新しい発見や気づきがたくさんです。一人で作って一人で販売して一人で片づけをして…とちょっと孤独を感じることもありますが、お客様から「おいしかった!」とおほめいただいたり、会話を楽しんだりすると疲れも苦労も吹っ飛びます。無理なく、細く長く続けられるようにやっていきたいと思っています。よろしくお願いいたします。

当日販売予定の商品