2015年9月の記事

毎日新聞に掲載されました

毎日新聞に私たちの取組が紹介されました。
150929毎日新聞

9月は障害者雇用支援月間ということもあって取り上げていただいたようです。色々なメディアでも障害者雇用の特集が組まれていますが、「ダイバーシティ」という言葉がたくさん出てきます。

ただ、「ダイバーシティ」はどちらかというと「働きやすさ」を軸とした考えで取り組んでいるところが多いように思います。

「ありがとう」をもらえる社会を目指すスタンスとしては、物足りなさを感じるのも事実です。

ありがとうを漢字に表すと「難が有る」ですが、人のために汗を流すことで感謝される意味であり、社会と繋がれる瞬間でもあるのです。

だからこそ、「働きやすさ」よりも「働きがい」を私たちは希求しています。

困難な道のりですが、社会と繋がっている実感は何にも代えがたい喜びなのです。これからも頑張ります。

投稿日:
カテゴリ: お知らせ, ブログ

地球の裏側から取材がやってきました!

こんばんは!
中秋の名月ですね。あいにく雲がかかってここからは拝めません。
残暑どころか一気の秋に夏の苦手さを実感する間もなく寂しさを覚えるこの頃です。

先日、地球の裏側から約18,000kmの距離をはるばる超えてテレビ取材がやってきました。これまでにも台湾やアメリカから取材がきましたが、ブラジルからは初めてです。

取材者は「TVグローボ」というブラジル最大の放送局で日本で言えばNHKみたいなものでしょうか。

制作しているニュース番組『Bom Dia Brasil』にブラジルの障害者の日(9月21日)に合わせて−Social Café−Sign with Meが紹介されました。

地球の裏側にまで注目されるのは非常に光栄です。

手話者が働く飲食店は世界中にたくさんありますが、−Social Café−Sign with Meがこれだけ注目されるのは多分に、ありがとうの種が掲げる「当事者問題は当事者自ら動かない限り本質的解決にならない」というオーナーシップの精神性をビジネスで追求していく取組みが他に少ないからではないでしょうか。

福祉という制度や手法を否定するわけではありませんが、やはりオーナーシップを持って社会問題に取り組むなら、ビジネス手法を用いる方が可能性は広がるように思います。

あくまでも一つの回答ですが、愚直に当事者問題に向き合いながら最適解を目指して頑張ります。

投稿日:
カテゴリ: お知らせ, ブログ