2013年8月の記事

Artnラボ企画 【手話deろう盲の世界を語る】

皆様、残暑お見舞い申し上げます。
千年に一度?の猛暑と言われた夏も終わりの気配が漂ってきましたね。
気が付くとコオロギの赤ちゃんがどこから侵入したのか2匹、3匹と跳ねています。

このように秋づく中、久々にArtnラボ企画をお送りします!
今回はホットなテーマです。

ろう者は音声社会におけるマイノリティーで、権力からは遠い場所にいることが多く、なかなか社会に声は届きづらい問題を抱えていますが、そのろう者でさえ知らないのが「ろう盲者(盲ろう者)」です。

一般的には「盲ろう者」で総称されていますが、コミュニケーション方法によって盲ベースとろうベースに分かれます。その際、ろうベースは「ろう盲者」と呼称されます。

しかも今回のゲストスピーカーはバリバリの米国人です! 私も実際にお会いしたのですが、日本手話を驚くほど使いこなしていました。

フェレル・マンスール氏

ロチェスター工科大学卒

米国ペンシルベニア在住

ITエンジニアとして様々なアプリ開発に従事。日本は今回で3度目の来日

1回目は大阪、2回目は兵庫。今回は東京。関西と比べて関東はまだ「ろう盲者」の認知理解が広まってない印象。ぜひこの機会に皆さんとTomodachiになりたいです。

外部情報のほとんどは「目」と「耳」から入ると言われる状況の中で、彼らはどのように情報を得てどのようにコミュニケートしているのか、その謎にせまります。

Artnラボでは一般的な講演形式は採らず、カフェ対談形式でマンスール氏と一緒に食事しながら色々お話していただきます。

Sign with Me自慢のスープカレーに舌鼓を打ちながら交流してみませんか?

日時:9月13日 金曜日
時間:19:00~21:00

場所:-Social Cafe-Sign with Me http://signwithme.in/access/
費用:2000円(北海道ホワイトスープカレーセットが付きます)

定員:先着順10名

対象:手話者もしくは手話に興味のある方

申込方法はメールかFAXで件名に「ろう盲の世界」を入れて、 「氏名」「年齢」「連絡先」をご記入の上、お申し込みください。

〆切  9月12日まで

Mail:info@artn.jp
FAX:03−6801−8820

投稿日:
カテゴリ: お知らせ, イベント

故郷に錦を飾る

こんばんは!
暦の上で立秋になりましたが、ますます燃え盛る夏ですね。
皆様もくれぐれも熱中症等にお気を付けください。

今日は念願だった故郷への恩返しです。
故郷は今でも自虐ネタにもなるのですが、
或るTV番組でかつて日本一無名の町として紹介された町です。

最近では「さしばの里」として頑張って町おこししています。
一見すると時間が止まったかのように錯覚しますが、里山と田園が調和した素敵な土地です。

今回は故郷の中学生を対象としたサマーボランティア企画で何をもって「障害者」なのかを考えてもらうことを中心にいろいろお話しました。

「ろう者として生きる私は障害者と思ったことは一度もない。
けれども障害者であることを私は受け入れている」

ちょっとした謎かけに聞こえたかもしれません。
でも私としてはこれ以上、正確な表現はないと思っています。

全部で28名だったと思いますが、どれも純朴で何よりも目が澄んでいたのが印象的でした。
もうとにかくかわいくて仕方なかったです。
逆に自分がどれだけ汚くなっているのかを痛感したひと時でもありました(笑)。

余談ですが、今回初めて中学校校舎が東日本大震災で全壊したと知り、ビックリしました。
二学期から今の三年生は初めて本来の校舎で勉強出来るそうです。

東日本大震災はまだ終わっていないことを再認識した日でした。

<番外編>
中央公民館につながる道

町名の由来にもなっている川

実家に帰る道

投稿日:
カテゴリ: お知らせ, ブログ