2013年5月の記事

2年越しのサプライズプレゼント!

こんにちは。
関東もついに梅雨入りしましたね。過去3番目の早さだそうです。
街路樹のサツキが満開ですが、雨のおかげでしばらく咲き乱れそうです。

梅雨といえば、草木も雨を恵みに年間で一番すくすく育つ時期です。
お客様から開業祝にといただいた「缶詰」を先日ようやく開缶して水やりしたのですが、
そら豆大の双葉が出てきたときは年甲斐もなく感動しまくってしまいました。

双葉には「THANK YOU」と刻まれていました。

裏には日本語で「ありがとう」と刻まれています。 

歳のせいなんでしょうか?もともとロマンチストだからなんでしょうか?
涙腺が緩みっぱなしで困りました。

開けるまで2年かかりましたが、この時間がまた返って感動をより深いものにしてくれています。
まさに「ありがとうの種」です。憎い演出というか、素敵なサプライズプレゼントでした。

私たちも梅雨シーズンでさらに成長して皆様に還元していけるよう頑張ります(*^_^*)

投稿日:
カテゴリ: お知らせ, ブログ

メディア露出のお知らせ

こんばんは。
今夜も田んぼから気持ちいい薫風が吹いてきます。
気がついたら西日本も梅雨入りしました。関東ももうすぐでしょうか。

ところで最近、メディア露出が増えてきています。
ありがとうの種は「一人ひとりが主役になる」ことを大切にしています。
これまでは起ち上げの経緯もあり、代表の柳が前面に出さざるを得ませんでしたが、
メディアもスタッフたちの頑張りに注目し始めるようになりました。
大変喜ばしいことです(*^_^*)

先日は−Social Café−Sign with Me店長の岡本が「東京大学新聞」に掲載されました。

 

他に「共同通信社」からも取材を受け、信濃毎日新聞に掲載されました。
この共同通信社は自前の媒体を持たず、他メディアに流す方法なので
これからも様々なメディアで目にするかもしれません。※画像は柳 真弓です。

 

更に!フリーペーパー「Co-Co Life」に上山が掲載されました。
撮影風景が次のリンクで紹介されているのでご覧ください → Co-Co Life☆女子部 

 

このようにありがとうの種は「誰もがありがとうをもらえる社会」を目指して
「一人の百歩よりも百人の一歩」を大切にしていきます!

今後の取り組みに乞うご期待ください!

投稿日:
カテゴリ: お知らせ, ブログ

旅人がたくさんお越しになりました

こんにちは。
ちょっと動くと汗ばむこの頃です。
我が家の庭に目をやると青トンボ(オオシオカラトンボ)のつがいが必死に新しい命を作っていました。もうそんな季節なんですね。

人間も同じで色々なところに出掛けたくなりますよね。
日常では味わえない出会いや気づきは自分の糧となり、その糧が周りに良い影響をもたらしていく。

ああ、ここまで書くと自分もどこか行きたくなりました。でも旅人をお迎えするのもひとつの旅だと思います。ありがとうの種でも-Social Café-Sign with Meにたくさんの旅人をお迎えしました。

自分のやりたいこと、そして生き方を模索したらここに辿り着いたんだそうです。最初は不安げな表情でしたが、途中から何か感じるものがあったようです。お帰りになる頃は満面の笑顔でした。

 

ろう文化宣言」を持参するくらい、ろう者から見た社会はどういうものなのか?正しい接し方は?と色々質問されてきました。華奢な方でしたが、その姿からは想像もつかない芯の強さがありました。

 

手話を使った仕事がしてみたいと富山県からお越しになりました。まだ片言レベルでしたが、スタッフと楽しそうに語らっていました。手話者として仕事出来る場所をどんどん作りたいですね。

 

ダンサーです。ダンス以外で表現力を活かした仕事を模索してお越しになりました。ダンス好きのスタッフと意気投合してました。最後は手話を覚えたい!と燃えていました。

 

東北大震災をきっかけに「支援」の在り方を必死に考えたらここに辿り着いたそうです。お仕事がIT関係のため情報障害を克服する支援について話が盛り上がりました。

十人十色とはよく言ったもので本当に特色豊かな旅人たちでした。
色々な視点、投げかけに私たちの方がハッとさせられることも度々ありました。
そうです。私たちも旅人を通して旅したのです。

やっぱり「旅行」はいいですね!
この体験を通してどんどん周りに還元していきたいと思います。

 

 

投稿日:
カテゴリ: お知らせ, ブログ

週刊 教育資料に掲載されました

こんばんは。
今日は各地で真夏日が記録されましたね。
5月としては統計史上初めてだとか。皆様もくれぐれも熱中症にお気をつけください。

話は変わりまして、拙書「Sign with Me」が週刊教育資料に取り上げられました。
学校経営や教育現場で読まれる雑誌で、私のような立場ではなかなかお目にかかれないのですが、寄稿者は国立特別教育支援総合研究所に勤めている方でした。

記事中にも書いてありますが、ろう者と聴者の双方が共にメリットのある関わりを目指すという考えを教育研究家からも評価されたことは自信になります。

余談ですが、隣国と不穏な空気が流れる昨今、−Social Café−Sign with Meでは国境がない交流の場になっていることに注目してくれたのも嬉しかったです。

これからどんどん暑くなりますが、−Social Café−Sign with Meでは今週から夏に向けて、皆様の美容と健康を意識したメニューが登場します。

ぜひ癒されにいらして下さい。お待ちしております!

投稿日:
カテゴリ: お知らせ, ブログ